石窯日記08

Let's try|2010月02月26日

フォレスタイル事務局の桂川です

石窯も完成に近づきました。


煙突は、高ければ高いほど吸い上げもよく、燃焼がよくなるため、約3メートル程度の煙突を用意しました。

屋根接合部分は、雨漏れの心配もあるため写真のように屋根の勾配に合わせて斜めの特注品を作ってもらいました。

写真中央下にある円盤のようなものは、ダンパーと呼ばれるもので、煙突の中央部分に取り付けて、排気量を調節する役目をします。

ピザなどの調理中は、ダンパーを水平にして排気量を抑えて、熱が逃げないなどの調節を行います。

0608310039


石窯に煙突を取り付けた様子です。石窯の上部30センチぐらいのところにダンパーを取り付けました。

写真では、ダンパーのツマミが少しだけ見えています。

090


片流れの屋根を設置して石窯が完成しました。

092


次回は、ピザを焼くための道具を紹介します。










石窯日記07

Let's try|2010月02月17日

フォレスタイル事務局の桂川です

二層構造に耐火レンガを積み上げて、窯本体は完成です。中の土は、入口から掘りだします。

081



窯内部の様子です。

直径70センチの焼き面が出来上がっています。

080


入口は、そんなに大きい窯でもないので、温度を保つために必要なので、陶芸用の棚板を成形して作りました。

真ん中の窓は、覗き穴ですが、レンガを立てればふさげる高さにしました。

091


次回は、煙突を設置し、屋根をかけます。




石窯日記06

Let's try|2010月02月10日

フォレスタイル事務局の桂川です


いよいよ形が見えてきます。

丸い形状に耐火レンガを積み上げるのに、土を使います。土はどんなものでも結構です。多少湿り気があれば、丸い形状に成型できます。

この土は、耐火レンガの接合部分のモルタルが乾いたら、入口部分から全部掘りだします。

070

071













丸い形状に合わせて、耐火レンガを張り付けていくと、隙間ができますから、陶片を入れて形を作っていきます。

この陶片を丁寧に入れていくことで、耐火モルタルなどを入れなくても、人間が上に乗れるぐらい丈夫なものになります。


223055248_143














写真上が、一層目が出来上がった状態です。


無題














この図のとおり、二層構造にしました。一層目と二層目の間は、50mm幅の木を張り付けて、その上に二層目の耐火レンガを貼り付けます。


225415391_213














写真上が、厚さ50mmの木片を張り付けたところです。

この木片は、燃えてなくなるのか、炭化して形を留めているのか壊さないとわからない代物です。

次回は、窯本体の完成です。


















石窯日記05

Let's try|2010月02月08日

フォレスタイル事務局の桂川です

石窯の組上げ作業に移ります。

下写真は、入口部分を正面から見たところになります。口元は、小さければ小さいほど、熱を放出しないという点では良いのですが、薪を出し入れしたり、ピザを入れたり出したりと、大きい方が作業性が良いため、大きさは難しいところです。

写真は、半円形に切った厚めの発泡板を何枚も重ねて口元の型を作ります。そのラインに沿ってレンガを置きます。

hkhk0608310035














この時、レンガの隙間に、焼き物(茶碗や皿など)の割れた片を詰め物(写真下)にして、叩きいれます。

耐火モルタルを詰めることでも良いのですが、耐火モルタルは乾燥すると収縮するため、こうした詰め物をすると、一つ一つのレンガに力がかかり、人間が上に乗っても大丈夫な強さになります。


0000









レンガは、いろいろな種類が売られています。

標準的なサイズは、長230mm×幅115mm×厚65mm。 この半分のものや、写真下右のように、厚みが、テーパーになったものなどあります。

今回の入口付近は、アーチ形にしたかったので、テーパー状のレンガ(写真右)を使用しました。

050














全体の積み上げは、面に描かれた円に添ってレンガを並べます。

065














今回の石窯づくりは、mixiで知り合った「オレンジピールさん http://www1.bbiq.jp/orange-peel/ 」に教えていただきました。

オレンジピールさんの店には、もっと立派な石窯が鎮座しています。是非、ご覧ください。

次回は、レンガが丸く積み上がります。




石窯日記04

Let's try|2010月02月04日

フォレスタイル事務局の桂川です。

今回は、石窯本体のベース部分の紹介をします。

このベース部分は、石窯の焼き面になる部分なので、いくつか注意点があります。

やはり、一番気をつけたいことは、器具を使ってピザを出し入れするので、凹凸が少ないことは大切です。

次に、窯内のベース部分の奥が1センチ程度上がっていた方が使いやすいということで。それは、ピザをターナーと呼ばれるヘラのようなものですくい上げたりしますが、水平だとピザが逃げてしまいますが、ベース面がいわゆる「受けている」状態であると使いやすいと思います。


運良く陶芸用の棚板をいただいたので、周囲を少しカットしました。

もちろんレンガを敷き詰めた状態でも問題ありません。

傾斜は、板の下の耐火モルタルの量を調整することで高低差を付けました。


060















写真下は、入口の板を付け足して、ベースを完成させた状態です。

入口の板は、必須ではありませんが、あった方がいろいろな調理の場面で役に立ちます。


061















ベース部分が出来上がったら、壁面の積み上げに取りかかります。

写真は、直径700mmの円を描いたところです。この円の内側が、燃焼部分になります。

今回は、ピザの大きさの標準を35mmとして、この円の中央で焼くことになりますが、その周囲に、燃焼中の木などを押しのけて使いますから、直径700mmは大きいわけではありません。

062














窯本体の基礎にあたる部分が出来上がったので、いよいよ窯の積み上げに移ります。



石窯日記03

Let's try|2010月02月02日

フォレスタイル事務局の桂川です。

いよいよ台座が出来上がります。

ブロックや、石などを詰め込んだところへセメントを混ぜ込んだ砂を入れて、ハンマーなどで表面を叩いて平坦にします。

砂にセメントを混ぜ込んでおかないと、石の隙間へ砂が落ち込み、やがて陥没することが予想されるため、セメントを混ぜん込んでおきます。

040















下記写真は、台座の上に耐火モルタルを置いたところです。

ピザは約400前後で焼き上げるのが効率的です。

このため窯の温度もかなりの高さに耐えることが条件となります。

一般的に200度を超える環境では、普通のセメントやレンガは使えないため、耐火モルタル、耐火レンガを使います。

耐火モルタルには、SK32、SK35というような規格があります。

この規格はどちらを利用してもよいと思われますが、レンガとモルタルの耐火度を揃えるとよいようです。

041















耐火モルタルの上に、耐火レンガを敷き詰めます。隙間(目地)には、やはり耐火モルタルを詰めておきます。


049














耐火モルタルは、レンガとの相性もあるため、お近くの左官屋さんなどに相談して購入されることをお勧めします。

これで、高さ約80センチの台座が出来たので、次は窯本体の制作に取り掛かります。



石窯日記02

Let's try|2010月01月31日

石窯づくりのはじまりです


窯に必要な土地は約1坪(1800mm×1800mm)。

石窯は火を使うので、家の隣接はあまりお勧めできませんが、大人数でワイワイすることを考えて、ウッドデッキから使える位置を選びました。

写真は、基礎となる部分を掘りこんで、捨てコンと呼ばれる簡易な下地を作ります。

021 













基礎枠を、ブロックを使って積み上げます。

幅は、400mmのブロックを3つと、一辺の角にブロック端がきますから、1300mmの正方形です。

石窯の高さは、使う人に合わせることになります。火を燃やしたり、ピザの出し入れのしやすさを想像して、今回は、800mmの高さにします。写真のブロックですと4段積みで約800mmになります。

ブロックの目地(つなぎ目)には、モルタルと呼ばれる細かい砂を使ったコンクリートで接合します。立っている鉄パイプは、ゆくゆくブロックの積み上げが変形しないように補強に入れます。

024

 













石窯は相当な重量になるため、土を詰めておくと時間とともに下がる恐れがあります。相当な重量なため時間が経過しても、沈下しないような詰め物をします。こうしたものがなかったら、石を入れて、幾度も金棒で突き込んでおくとバッチリです。

031














写真は、ブロックの基礎の中に、ブロックと古瓦を入れた様子です。


ここまでで、ブロック70丁、セメント4袋程度、砂10袋程度を使いました。

次回は、土台の天井面を仕上げます。











                                                                                                        

 













   





石窯日記01

Let's try|2010月01月28日

フォレスタイル事務局の桂川です。


石窯はご存知ですか?

これからご紹介するのは、ナポリ窯と呼ばれるイタリアのナポリ地方で使われているものです。

薪で窯を温めて、その輻射熱を利用してピザなどを焼きます。

すべて手作りでしたから半年ほどかかりましたが、圧縮して10回連載で苦闘の制作工程をご覧いただこうと思います。


第1回は、なぜナポリ窯?&目標。

我が家の長女minamiは、小学生高学年。

学校の作文で将来の夢は「イタリア料理のシェフ」

「イタリア料理」 → 「ピザ」 → 「窯だろう!!」 というアンチョコな思考回路で「窯を作ろう」がスタートしてしまいました。

折しも夏休みを迎える時期で、長女minamiの夏休みの宝物は、無謀にも「石窯でピザを焼く」と先生に報告。


作業は、図面を作ることからスタートです。

参考図書を探しましたが、本格的な窯作りの指南書がなく、地元の左官屋さん。mixiで知り合った石窯作りの先輩などに情報をもらいながら作った図面が ↓ です。


石窯の断面図。中央の赤矢印が燃焼排気で、上部の煙突へ向かいます。

石窯の断面図。中央の赤矢印が燃焼排気で、上部の煙突へ向かいます。

石窯の高さは、720mm。煙突は140mm径の仕様で計画しました。
平面図。手前が、入口です。

平面図。手前が、入口です。

焼き面の直径は700mm。土台の一辺は1300mm。
日記初日はここまで・・