一途な木と浮気性の花の話…

花たより|2011月07月15日

夏という季節に似合う花の一つが凌霄花(のうぜんかずら)

凌霄花

連日の暑さの中でも、怯むことなく、毎日たくさんの花を咲かせています。

オレンジという花色が鮮やかでまぶしいです。

ツル性のこの花にまつわるちょっと興味深い話を紹介します。


凌霄花(のうぜんかずら)は、元々は地面を這っている花でした。

とても美しく、ある時、松の木が凌霄花(のうぜんかずら)に一目惚れ。

そしてプロポーズ。

凌霄花(のうぜんかずら)はその気持ちに感謝して、すぐに受け入れました。

地面にいると、踏みつけられたりして危険だからです。 

以来、凌霄花(のうぜんかずら)は松に身を寄せて、美しい花を咲かせるようになったと言います。 

凌霄花(のうぜんかずら)は確かに美しい花でしたが、浮気性な所があり、たまに杉や桧にもたれかかることがあったとか。

凌霄花(のうぜんかずら)一筋の松は、その度に悲しみに沈んだと言うことです。


皆さん、この話どう思います?





コメント

コメントはまだありません。

コメントする


トラックバックURL

https://www.forestyle-home.jp/blog/flower-mail/1696/trackback