幻の紫陽花?!

花たより|2011月07月05日

弁が七段に重なることから、七段花(ひちだんか)という名前が付いた紫陽花の仲間です。

七段花 

実は、この七段花(ひちだんか)、1959年に神戸の山あいで発見されるまでは、幻の紫陽花と言われていたそうです。


もう何年も前に茶室でこの花を見てからのファンです。

ぼってりとした大きな紫陽花と違い、七段花(ひちだんか)は清楚で気品があります。


神戸の山あいで発見された株から挿し木によって、全国各地に広がったということですから、私の家にある七段花(ひちだんか)も、神戸の山あいで発見された株の末裔ということですね…。


紫陽花の花言葉は、「移り気」「浮気」「冷酷」「あなたは冷たい」など、あまり良い印象のものではありませんが、私は紫陽花の花はどれも大好きです。





コメント

コメントはまだありません。

コメントする


トラックバックURL

https://www.forestyle-home.jp/blog/flower-mail/1675/trackback