村の花

花たより|2010月04月20日

今回は、東白川の「村の花」になっている、三葉躑躅(みつばつつじ)を紹介します。

IMGP1129ウェブ決定 


開花後、枝先に3枚の葉が付くことから、この名が付きました。

本州でも関東から南に自生し、やせた所を好むようで、岩場でも咲いているのをよく見かけます。

花の色が鮮やかなので、どんな所でも、ひと際目をひきます。

小さな花を、細い枝先までいっぱい付けて咲いています。

花を間近で見ると、雄しべが、クルッとカールしていて、なかなかユニークです。


華やかさがないせいか、子どもの頃には、見向きもしなかった花のような気がします。

しかし、この三葉躑躅(みつばつつじ)は、わざわざ見に行く人や花見バスツアーまである事を知り、これからは、大切にしたいと思う身近な花になりました。


花言葉は「節制」

お花見、歓迎会の多い時期です。

参加される皆さん、度を越さないように、ほどほどにしましょうね。




コメント

コメントはまだありません。

コメントする


トラックバックURL

https://www.forestyle-home.jp/blog/flower-mail/678/trackback