なぜ?

花たより|2011月03月02日

オオイヌノフグリ

畑で見つけた、大犬の陰嚢(おおいぬのふぐり)です。

1センチにも満たない小さな小さな花ですが、目を惹きつける鮮やかな色が印象的です。


実の形が、犬のおちんちんに似ていることから付いた名前だとか。

それにしても、可憐な花にどうしてこんな名前が付いたのでしょうか?!

物言わぬ植物であるが故に、今日までこの名前でとおってきていますが、人間社会では問題視されそうだと思いませんか?

「星の瞳」という別名があるそうですが、花のイメージからはこちらの方が素敵な気がしますが…


花言葉は「誠実」「忠実」


ヨーロッパ原産で、明治時代初期に渡来。

現在では日本のあちらこちらで普通に見られる花というより、雑草です。

花の少ない今の時期だからこそ、存在感ありますね。





コメント

コメントはまだありません。

コメントする


トラックバックURL

http://www.forestyle-home.jp/blog/flower-mail/1473/trackback