待ち時間もできました。

匠たちの横顔, 東白川村便り|2010月05月06日

イベント情報でも告知しましたが、5月3日に「つちのこフェスタ2010」というイベントがありました。

絶好の行楽日和で、会場となった水辺公園は多くの人で賑わっていました。

IMG_3880

気温もグングン上昇し、ツチノコの動きも活発になったはずでしたが。

残念ながら賞金121万円は来年に持ち越しになったようです。


「フォレスタイル」スタッフは、木造建築組合のブースでPRしました。

工務店さん11社も顔を揃え、お客様の対応や相談会などを行いました。

また、大工さんの作品の木工製品の販売も盛況でした。


テーブルセットや郵便受けなど、無垢の作品がとてもよかったです。

中でもブックエンドの組み立て体験のコーナーは待ち時間ができるほどの人気でした。

IMG_3879

うちに遊びにきていたお客さんのお子さんは待ち時間が15分以上と言われ、お持ち帰りにしてました。

横浜に持ち帰り、ひょっとして夏休みの作品になったりして。

このブックエンドの製作者は村雲建設の村雲章さんです。

IMG_3873

家具作りが得意で、お人柄はこの笑顔からも伺い知れます。  紹介ページはこちら


それにしても、東白川の大工さんって本当に器用で尊敬してしまいます。

「こんな感じの棚、お願いしたいな」などとオーダーしてみてください。

きっと、どの大工さんも「よっしゃ」と返事が返ってくると思いますよ。

こういうのは、メーカーさんにはないメリットだと思います。

ご来場下さった方、ありがとうございました。




コメント

コメントはまだありません。

コメントする


トラックバックURL

https://www.forestyle-home.jp/blog/east_shirakawa_diary/732/trackback