やっと咲き始めました。

花たより|2013月03月27日

暖かい所ではお正月頃、咲く藪椿(やぶつばき)

 ヤブツバキの花

寒さの厳しかった東白川では、やっときれいに咲き始めました。

今年は2月頃に暖かい日が続いたので、開花が例年より早いのでは…と思い何度も足を運びました。

半開き状態までになった花が霜焼けを起したように茶色に変色した姿を目にした時は、残念で仕方ありませんでした。


咲けば、こんなにもスマートで優しい雰囲気の花です。

反面、冬の寒い日にお稽古で入った茶室で見た一輪の藪椿(やぶつばき)は凛としていて品格を感じました。


厚葉木(アツバキ)あるいは、艶葉木(ツヤバキ)から変化した名前であるとか


花言葉は「贅沢」「至上の愛らしさ」「謙遜の美徳」





ヒマラヤユキノシタ♪

花たより|2013月03月21日

暖かな日が続き、私のお目当ての春の花も咲いていました。

ヒマラヤユキノシタ 

ヒマラヤユキノシタです。

名前どおり、ヒマラヤなど高地が原産で明治初期に渡来したそうで、今では、あちこちの庭で見かけるようになりました。

日本の気候によく馴染み、耐寒性が強く育てやすい。

丈もあまり高くならず、常緑なので地面を覆うグランドカバーにも利用されるとか。


花の付いていない時、ふてぶてしく庭に横たわっている大きな葉っぱは、邪魔に感じることがあります。

が、薄いピンク色をした小さくて可愛らしい花を見ることができ、葉っぱあっての花だと感じ、反省したりして…

春の暖かい日差しを受け、やっと咲き始められたことに喜んでいるようにも見えました。


桜の花便りも聞かれるようになり、春本番となってきましたね。


花言葉は「順応」「忍耐」





たんぽぽ

花たより|2013月03月13日

ここ数日は日中の気温も上がり、春がやってきた!という感じですね。

色んな花の蕾があちこちで膨らんできています。

たんぽぽ

私のお目当ての春の花は、まだ開花していませんでしたが、蒲公英(たんぽぽ)が一つ、咲いていました。

春の陽だまりの下、大犬の陰嚢(おおいぬのふぐり)や仏の座(ほとけのざ)と一緒に気持ち良さそうに咲く蒲公英(たんぽぽ)。

暖かみのあるお日様のような黄色に心和みました。


子どもの頃から身近にある可愛らしい花…ふわふわの綿毛も特徴の一つです。

綿毛が風に飛ばされていく姿は、はかなく弱々しく見えますが、実は冬の間も枯れずにロゼットを作り、太く力強い根を深々と地中に伸ばすたくましい花ですよね。


花言葉は「真心の愛」